(ブルームバーグ): 米フェイスブックは、同社が「H−1B(特殊技能職)」ビザを保有する外国人向けに多くの雇用を確保し、自国労働者を排除したとして米政府が訴えていた問題で、政府と和解に達した。

  政府は19日、フェイスブックが司法省、労働省とそれぞれ和解し、合わせて最大1430万ドル(約16億3000万円)を支払うと発表した。

  両省の当局者は記者ブリーフィングで、フェイスブックが一部職務についてH−1Bビザを保有する外国人のために確保し、米国民の応募を事実上妨げたと述べた。

©2021 Bloomberg L.P.