(ブルームバーグ): 米連邦準備制度理事会(FRB)のウォラー理事は、高過ぎるインフレが続いた場合、より早急な行動が必要となる可能性があると述べた。

  公的通貨金融機関フォーラム(OMFIF)が主催した行事でウォラー氏はバーチャル形式の質疑に応じ、インフレ動向については「今後数カ月間が極めて重要だ」と発言。インフレ高進が根強い場合には、「当局は来年の政策スタンスにおいて、私が予測していたよりずっと積極的になる必要があるだろう」と述べた。

  同氏はインフレ率が来年に当局が目指す2%へ低下する基本シナリオを描いているとしつつ、「この状況が続くだろうと私が想定していたよりも、ずっと大きな上振れリスクがある」と述べた。

ウォラーFRB理事、テーパリング来月開始をー利上げはなお幾分先

(抜粋)

  

©2021 Bloomberg L.P.