(ブルームバーグ): 原材料価格の上昇と消費の不振が相まって、中国の大手企業の7−9月(第3四半期)は厳しい時期となった。不動産、農業、電力のセクターは最悪の減益を記録しそうだ。

  4000を超える上場企業のうち約4分の1が既に決算(暫定を含む)を発表した。時期的にはまだ早いが、アナリストらは前年同期比での成長は全般的に失望的な内容になるとの見方で一致している。前年同期の中国は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)期の中で成長を遂げていた唯一の主要な経済大国だった。

  企業の見通しを曇らせている要因はこれ以外にも、長引く半導体不足やエネルギー危機の問題がある。中国当局によるハイテク企業への締め付けや、レバレッジ比率の高い不動産開発業者の債務危機も追い打ちをかけている。

  ゴールドマン・サックスは本土上場企業の2021年の増益率予想を27%から20%に引き下げた。中国国際金融(CICC)は、業績が予想を下回るセクターの数が予想以上となるセクター数を上回るとの見通しを示している。

 

©2021 Bloomberg L.P.