(ブルームバーグ): ペロシ米下院議長は民主党が上院で財政調整措置を活用し、共和党の支持なしで連邦債務の法定上限引き上げ案を通過させる可能性があると認めた。同措置の下では、共和党によるフィリバスター(議事妨害)の回避に必要な60票の確保は不要。

  民主党は今月、米国がデフォルト(債務不履行)に陥る瀬戸際にあっても財政調整措置の活用には抵抗した。同党は与野党がこれまで承認してきた支出により債務が膨らんだことを考慮すれば、同措置の活用はあしき前例になると指摘していた。

  ペロシ議長は24日のCNNの番組「ステート・オブ・ザ・ユニオン」で財政調整措置活用について問われ、「それは一つの道筋だ。しかしわれわれはなお超党派合意を望んでいる」と語った。

  民主党にとっては債務上限に限定した予算案ではなく、現在、財政調整措置を通じて通過させようとしている税制・支出法案に条項として付加する方が進めやすい状況にあると考えられる。同党はおよそ2兆ドル(約227兆円)規模の同法案の合意に近づいている。

  ただ、財政調整措置を活用する場合、上院規則では特定の期日までの上限停止ではなく、具体的な金額を特定することが求められる公算が大きい。来年の中間選挙の選挙戦で共和党がこの問題を攻撃材料にするのは必至で、一部民主党議員はこうした条項に賛成票を投じることに不安を感じる可能性がある。

©2021 Bloomberg L.P.