(ブルームバーグ): 新型コロナウイルスのオミクロン株について、日本国内で2例目が確認された。松野博一官房長官が発表した。

  ペルーから入国の20代男性で、11月27日に成田空港に到着した。入国時の検査で陽性が確認され、医療機関で隔離している。共同通信によれば男性は外国人で、初めて感染が確認されたナミビア人男性の濃厚接触者ではない。 

  水際対策を強化するため、政府は全世界からの外国人の新規入国停止に加え、南アフリカなどを対象に在留資格を持つ人の再入国も拒否する。特別の事情による外国人の新規入国も厳格化した。

  国内外の航空各社にも日本に到着する国際線の新規予約停止を要請している。期間は12月末までの1カ月間で、予約がなければ日本人でも帰国できなくなる。今後の状況次第で要請の短縮や延長も検討する。

  松野官房長官は「オミクロン株の情報がある程度明らかになるまでの臨時異例の措置であり、国際社会に対して引き続き理解を求めていきたい」と述べた。

  国内では11月30日、30代のナミビア人の外交官の男性から初めてオミクロン株への感染が確認された。政府は水際対策の徹底のため、松野官房長官の下に関係省庁の担当者が集まったタスクフォースを立ち上げた。

(国交省の要請を追加します)

©2021 Bloomberg L.P.