(ブルームバーグ): 中国はほぼ3年にわたって講じてきたボーイング737MAXの運航停止措置を近く解除する見通しだ。中国民用航空局(CAAC)が2日、同機に関する耐空性改善命令(AD)を出した。

  CAACのウェブサイトに掲載された同命令書は、MAXの運航再開に向けた安全性関連の最後の障害を取り除くもので、航空各社が運航再開に向け取らなくてはならない措置を示している。

  「十分な審査実施後、是正措置は安全でない状況に対応するのに十分だとCAACでは判断する」と説明した。

  米ボーイングの広報担当者は「中国での737MAXの安全な運航再開に向けた重要な節目」になると、電子メールでコメント。運航再開に向け、規制当局や顧客と引き続き協力していく方針を明らかにした。

  中国での運航再開となれば、来年早期までに737MAX生産を1カ月当たり31機に拡大する計画に道が開かれる。

Boeing Nears 737 Max Return in China; Output Seen Jumping (1)(抜粋)

©2021 Bloomberg L.P.