(ブルームバーグ): 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への新規感染者が米国ではニューヨーク市で3人増えたほか、マサチューセッツ州で初の感染症例1件が報告された。州外に旅行した20代のワクチン接種済みの女性だった。4日はウィスコンシン州とコネティカット州でも初のケースが確認された。 

  オーストラリア最大の都市シドニーでは、5人がオミクロン株に市中感染した。ニューサウスウェールズ州の保健当局者が発表した。同州ではこれまでに15件のオミクロン株感染が確認されており、さらに増えそうだという。

  英国は全ての入国者を対象にワクチン接種の有無に関係なく、フライト前48時間以内のコロナ検査を7日から義務付ける。ジャビド保健相が明らかにしたもので、一時的な措置であり、オミクロン株の動向を見ながら見直すという。同国では150人以上がオミクロン株に感染している。

 

  ブラジルのリオデジャネイロ市長は大みそかを祝う行事を中止した。オミクロン株感染が同国で確認されており、実施は危険との助言が州側からあったという。 

  ノルウェーの首都オスロで開かれた企業のクリスマスパーティーに絡むオミクロン株感染者は最大100人まで増える可能性があると、同国の放送局は報じている。

  フランスは欧州連合(EU)域外から入国する渡航者を対象に検査義務を厳しくした。ワクチン接種の有無にかかわらず、24時間以内の抗原検査か48時間以内のPCR検査での陰性が必要。また、ワクチン未接種のEU市民が入国する場合は、24時間以内にどちらかの検査で陰性である必要がある。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億6538万人、死者は524万人をそれぞれ上回った。

 

(第2段落にオーストラリアのシドニーでの情報を加えて更新します)

©2021 Bloomberg L.P.