(ブルームバーグ): 新型コロナの拡大を受けて、政府が東京など1都9県に新たにまん延防止等重点措置を適用する方向で検討に入ったとFNNが17日報じた。週内にも方針を決める方向だという。

  報道によると、ほかに適用されるのは千葉、神奈川、埼玉、三重、岐阜、新潟、長崎、宮崎、熊本。対象地域はさらに増える可能性があり、調整を続けている。

  東京都の病床使用率は16日で19.3%となり、重点措置を要請する20%に近づいている。感染者数は4172人(前日は4561人)と3日連続で4000人超となった。

  政府は東京の緊急事態宣言を昨年9月30日で解除していた。

基の情報をご覧になるにはこちらをクリックしてください

(東京都の感染者数などを追加しました)

©2022 Bloomberg L.P.