(ブルームバーグ): 米国の雇用コストは昨年10−12月(第4四半期)に、2四半期続けて堅調な伸びを示した。限られた労働供給を事業者が奪い合う中、2021年の労働コスト上昇率は通年で20年ぶりの大きさとなった。

  10−12月は幅広い業種で報酬が増加した。雇用コスト指数のうち、非軍人労働者の賃金・給与は前年比4.5%上昇。比較可能なデータが公表された01年より後で最大の上昇率を記録した。

  同指数の堅調な伸びが続いていることは、労働需給の逼迫(ひっぱく)を背景に事業者が従業員確保のために賃金引き上げで対応せざるを得ない状況を示す。それが利益の圧迫につながるケースもあるが、多くの企業は値上げを通じてそうしたコストを消費者に転嫁している。

  民間部門の賃金・給与は前期比1.2%上昇、前年比では5.0%上昇となった。

  統計の詳細は表をご覧ください。

(統計の詳細を追加して更新します)

©2022 Bloomberg L.P.