(ブルームバーグ): オーストラリア準備銀行(中央銀行)のケント総裁補佐は23日、同中銀が「量的引き締め(QT)」の段階に入ったと認める一方、ポートフォリオに保有する債券を売却する計画は現時点でないと語った。

  豪中銀は3日の政策決定会合で、政策金利であるオフィシャル・キャッシュレートの誘導目標を0.25ポイント引き上げ、0.35%とすることを決定。満期を迎える保有債券の償還金を再投資しないことも決めた。

  シドニーでの講演のために準備されたテキストによれば、ケント総裁補佐は中銀が債券を売却しないと決定した理由について、「変化する状況に対応するには、二つでなく、一つの手段を調節することで政策を調整し、金融情勢に影響を及ぼす方が容易だ」と指摘した。

RBA Currently Has No Plans to Sell Bonds in Portfolio, Kent Says(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.