(ブルームバーグ): 香港アメリカンクラブが入居する市中心部の施設で新型コロナウイルス感染症の強制検査が命じられた。同施設と症例1件の関連性が指摘されたことに伴う措置。

  セントラル(中環)地区の高層ビル「2エクスチェンジ・スクエア(交易廣場二期)」には外資系や中国の金融機関が多く入っている。香港政府の22日遅くの声明によると、アメリカンクラブに現地時間20日午後6時ー7時半にいた人は24日までに検査を受けるよう求められる。

  香港では入境者を対象に強制的な宿泊施設隔離などの措置が続いているが、当局は経済界のさらなる制限緩和要請への対応と中国政府が堅持する「ゼロコロナ」政策との間でバランスを取ろうとしている。

  親中紙の文匯報によると、香港食品・衛生局の陳肇始(ソフィア・チャン)局長は22日開催された第75回世界保健総会のオンライン会合で、死者や重症者、感染者の抑え込みを目指す新型コロナの「動態清零(ダイナミックゼロ)」政策を維持する方針だと語った。

  香港の新規感染者は22日の報告で228人と、数カ月前のピーク(5万人余り)から大きく減少している。

American Club Hong Kong Given Mandatory Covid Testing Order(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.