(ブルームバーグ): 2021年の米国の出生数は、14年以来となる増加を記録した。新型コロナウイルスがパンデミック(世界的大流行)となった前年の減少から反転した。

  米保健統計センター(NCHS)が24日公表した暫定データによると、21年の出生数は前年比1%増の366万人。20年は3.8%減だった。人種別では白人とヒスパニック系がそれぞれ前年比2%増となったが、黒人やアジア系、先住民は減少を記録した。

  21年の米出生率(人口1000人当たりの出生数)も上昇したが、人口置換水準は下回った。米出生率は07年以来、同水準を下回り続けている。 

US Births Rise for First Time Since 2014; Black Women Saw Drop(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.