(ブルームバーグ): 世界一の富豪イーロン・マスク氏は、イタリアは出生率が世界で最低の部類に入っており、イタリア人の滅亡もあり得るとの見方を示した。

  マスク氏は24日、「この傾向が続けばイタリアには人がいなくなる」と、ローマを拠点とするサイバーセキュリティー研究者アンドレア・ストロッパ氏のツイッター投稿に返信した。ストロッパ氏の投稿には、数十年にわたる出生率低下を示すグラフが入っていた。

  イタリアの国家統計局(ISTAT)によると、同国の出生率は2021年に過去最低を記録。2070年までに1200万人(20%)の人口減が見込まれている。

「日本はいずれ消滅する」とマスク氏警鐘−出生率低下でツイート

Musk Sees Extinction of Italians on Persistently Low Birth-Rate(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.