(ブルームバーグ): 米証券取引委員会(SEC)は先月、イーロン・マスク氏に米ツイッター株取得の開示を巡り質問状を送付していたことが明らかになった。マスク氏のツイッター買収に対する当局の調査が明確に示唆された。

  SECは4月4日付の書簡で、情報開示のタイミングと当局へ提出した届け出の種類についてマスク氏に情報を求めた。SECは質問状で、規定通りの取得日から10日以内の開示は行われなかったようだと指摘し、マスク氏にこの理由を質問した。

  同氏は4月4日、9%超のツイッター株取得を明らかにしたが、定められている開示期間を過ぎていたほか、通常受動的な投資家に適用される届け出を使用しての提出だった。

ツイッター急伸、マスク氏が9.2%株取得-SNS業界改革を示唆後 (1)

(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.