(ブルームバーグ): 米国株は反発しているが今後の上昇余地は限られると、米モルガン・スタンレーのストラテジスト、マイケル・ウィルソン氏が予想した。成長へのリスクが引き続き広く見られるためだと説明した。

  ウィルソン氏はリポートで、「先週の株高は結局のところ、弱気相場での上昇だったということが分かるだろう」とし、「今注目している重要なファンダメンタルズは成長減速と、業績見通しが高過ぎるという当行の見方だ」と指摘した。

  モルガン・スタンレーの予測によれば、S&P500種株価指数は現在の上昇局面において4250−4300 が上限だ。27日の終値からは3.4%の上昇となる。ウィルソン氏によればまた、通常の傾向に基づくとナスダック指数と小型株はこれを上回る伸び率となる可能性が高い。

 

(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.