(ブルームバーグ): KDDIは3日、大規模な通信障害について東日本エリアの復旧作業が同日午後5時半ごろに完了したと発表した。ただ障害発生から40時間以上が過ぎた同日午後6時現在も、ネットワーク試験を検証中で利用しづらい状況が続いており、全面的な復旧には至っていない。

  通信障害の影響で、auやUQモバイルなどで音声通話やデータの送受信が利用しにくい状態となった。KDDIによると、西日本エリアは3日午前11時ごろに復旧作業が完了したが、東日本エリアと同様、依然サービスは本格再開していない。

  KDDIは同日夕の発表で、全国での復旧作業終了後も「ネットワーク試験の検証中につき、流量制御などの対処を講じているため、ご利用しづらい状況が継続しております」とした上で、「本格再開時間は決定次第」案内すると説明した。

  同社の高橋誠社長は同日午前に記者会見し、メンテナンスの一環でインターネットや電話回線などで送られる情報量のルート変更を行っている最中に設備障害が発生したことが原因だったとし、障害の影響は携帯電話の利用者など最大3915万回線に及んだと話した。

  高橋社長は「完全復旧に向けて全社、全力を挙げて対応していく」と述べた上で、「社会インフラを支える立場として反省している。多大な迷惑をかけたことを深くおわびする」と陳謝した。

  個人利用者に加えて、物流や銀行など法人顧客にも影響が出た。岐阜県に本店を置く大垣共立銀行は2日、障害に伴って店舗外の自動預払機(ATM)221台のうち190台で利用ができない状態になったと発表した。

  高橋社長は今回の障害を精査した上で「補償について検討していく」と述べた。

  また、経営責任については「経営者として大きな責任があったと思う」とした一方、「一刻も早くネットワークを元に戻さねばならない。私として真摯に受け止めて復旧に当たりたい」と話した。

  これに先立ち、金子恭之総務相は臨時の記者会見を開き、今回の事態について「電気通信事業法上の重大な事故に該当する」との認識を示した。

  金子総務相は「携帯電話は国民の生活や社会経済活動にとっての重要インフラで、極めて多くの方が長時間、利用困難な状態になっていることは大変遺憾だ」と述べ、再発防止に向けた抜本的な対策を求めた。

(午後6時時点の状況などを追加して更新しました)

©2022 Bloomberg L.P.