(ブルームバーグ): 米投資会社アポロ・グローバル・マネジメントで最高経営責任者(CEO)を務めたレオン・ブラック氏のファミリーオフィスは、パートナー兼ベンチャーキャピタル責任者にJPモルガン・チェースの元幹部ニコラオス・バシラトス氏を採用した。

  バシラトス氏は今年5月にエリシウム・マネジメントに入社。それ以前の約4年間はJPモルガンでフィンテック企業などの少数株式を取得する戦略投資部門で幹部を務めていた。

  ブラック氏の広報担当者はコメントを避けた。同氏は昨年、長年務めたアポロのCEOを退任。性犯罪で起訴され勾留中に死亡したジェフリー・エプスタイン元被告との関わりが問題視されていた。

  

  

©2022 Bloomberg L.P.