(ブルームバーグ): トヨタ自動車はリコール(無償の回収・修理)している電気自動車(EV)「bZ4X」について、米国でオーナーからの買い戻しを申し入れている。同社は6月、bZ4Xの一部について、「最悪の場合、タイヤが脱落する」恐れがあるとしてリコールの実施を発表していた。

トヨタが「bZ4X」リコール、タイヤ脱落恐れ−使用停止を要請 

  トヨタはしっかりと解決策を講じていると説明。リコール対象車のオーナーに代車の無料提供やローンの返済もしくは支払済みのリース・購入代金に充てる与信5000ドル(約67万円)の供与などを提示。オーナーに使用停止を要請したことを踏まえ、bZ4X買い戻しという踏み込んだ提案もしている。

  オーナーからの買い戻しについては、エレクトレックが先に報じていた。

©2022 Bloomberg L.P.