(ブルームバーグ): 米アップルはスマートフォンの最新モデル「iPhone(アイフォーン)14」シリーズの発表イベントを9月7日に開催することを目指している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。iPhoneは同社売上高の半分余りを占める。

  アップルの広報担当者はイベント開催日に関するコメントを控えた。イベント開催計画が変更される可能性もあるが、アップルは通常、9月の前半に最新のiPhoneを発表してきた。新型iPhoneの披露は同社の秋の製品発表シーズンの幕開けとなる。

  アップルはスマホ市場が不安定な時期に主力製品をアップデートすることになる。消費者が高インフレや不安定な経済に直面する中、スマホの販売台数には陰りが見え始めている。ただアップルは、同業他社に比べれば健闘しており、4−6月(第3四半期)のiPhone売上高は市場予想を上回った。また、今年の生産台数は前年並みを見込んでいる。

アップル、今年のiPhone生産台数は前年並みを見込む−関係者 (1)

  「iPhone14」のスタンダードモデルの外見は、昨年発売された「iPhone13」と同様になるとみられる。画面サイズが5.4インチの「ミニ」はなくなり、6.7インチのモデルが追加される見通し。6.7インチのモデルが「プロ」以外に登場するのは初めてとなる。

(第3段落以降を追加して更新します)

©2022 Bloomberg L.P.