「おなかぺこぺこオノマトペ」書評 「味だけでない」おいしさが伝わる

「おなかぺこぺこオノマトペ」書評 「味だけでない」おいしさが伝わる

おなかぺこぺこオノマトペ I'm PEKO-PEKO Hungry! [著]きのとりこ

 作者は、ベルギーで仏語絵本最優秀賞をとった『やさしい死神((しにがみ)』(千倉書房)で知られる絵本作家。外国語の使い手にして「場面」描写の専門家。この奇跡的な組み合わせが、類書にない特色をもつオノマトペ(擬音語擬態語)の本を書かせた。
 「味だけではない、おいしさ」の項が本書の白眉だ。オノマトペは、「クロワッサンと天ぷらとりんご」を質感の共通性でつなぐ一方で、単純にクリスピーな食感を「形や硬さ、含む水分の量」に即して、かりかりやぱりぱり等に分節化して形容し、動詞単独での表現力の弱さを補う。この特徴が、視覚(絵)と聴覚(脚韻)に訴える日英文で見事に表現されるとともに、発音記号では伝わらぬ発音のコツまでがユーモラスに解説される。
 終章「日本の四季」における画調の劇的な変化は印象的であり、隅々まで神経の行き届いた編集作業も称賛に値する。本稿筆者には必要不可欠な「ぎりぎり」の語が選に漏れたのは、本書のもつ世界観の故であろう。


関連記事

好書好日の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る