2011年に創業、2年後に、“日本一のカレー激戦区”と言われる神田で開催された神田カレーグランプリで優勝。優勝をきっかけに、東京を中心に北海道から九州まで全国で90店舗以上のフランチャイズチェーン(FC)のある日乃屋カレー。

 その人気カレーFCに独占禁止法違反の疑いが生じていることが「 週刊文春 」の取材でわかった。


日乃屋カレー(公式HPより)

 今回、実名で証言を行ったのは、2022年2月から、大阪の北浜でFCを経営する瀬戸麻希氏(33)。瀬戸氏は、野菜などの仕入れ値高騰にもかかわらず、カレーの定価が上げられないこと、そもそも日乃屋カレーから提示されたシミュレーション通りに利益が出ないことなどを理由に、閉店を決意した。

データを見た店舗担当者が“改ざん”

「閉店することを店舗担当者に伝えると、北浜店の次のオーナーを探しはじめました。オーナー募集に必要だということで、私の持っている北浜店の損益データを提供しました。そのデータを見た店舗担当者が売上と仕入れ費、人件費の数字を改ざんしたのです」

 店舗担当者は、修正を入れたことを瀬戸氏に認め次のように説明したという。

「担当者には電話で、休日の日祝を営業日にした上、50%近いの平均原価を37%ほどに入れ替えたと言われました」