元SMAPはくっきり明暗 「好きなジャニーズ」「苦手なジャニーズ」2017

「週刊文春」創刊60周年記念大放出!
誌面に掲載された記事を蔵出しで特別公開します。
(「週刊文春」2017年5月4・11日号より転載。記事中の年齢や日付は掲載時のものです)

◆ ◆ ◆

 SMAP解散で勢力図は一変。ベテラン司会の中居は別格としても、朝はNHKの井ノ原、日テレの山口、TBSの国分らがMCとしてシノギを削る時代。櫻井や小山もニュースを読む。お茶の間の本当の人気者は誰なのか。小誌にしかできないジャニーズ好感度調査の新企画!

「好き」部門1位は“国民的司会者”

 国民的グループ、SMAPの解散から丸4カ月。数多のジャニーズタレントが日々テレビを賑わせているが、本当に好感度が高いのは誰なのか。小誌メルマガ読者にアンケートを実施したところ、3500を超える回答が寄せられた。

 まずは「好きなジャニーズ」部門から。堂々の1位に輝いたのは、今や“国民的司会者”の称号が相応しい中居正広(44)だった。

「昔はおバカな人と思っていたが、今は観察力と頭の回転の良さでますます好きになりました」(40・女)

「人間が温かい。話し方はヤンキーだけど、この人の言葉にはいつも『心』がある」(56・女)

「番組を自らの力で成立させることのできる唯一のジャニーズ」(18・男)


“国民的司会者”中居正広

 ジャニーズの先輩で元シブがき隊の布川敏和(51)は1995年の中居主演ドラマ「味いちもんめ」(テレビ朝日系)で共演した。

「『あすなろ白書』(フジテレビ系)をきっかけにキムタクブームが起こっていたときでした。中居は『布川君、木村もオレと同い年なんですよ。木村を超えるにはどうしたらいいですかね?』と言ってきたんです。『木村は木村だし、お前が同じようなことをやってもしょうがないだろ。お前の良さを伸ばしたらいいんじゃないか』とアドバイスしました。その後、紅白の司会を何度もやるようになってから会った時に、『お前すげーな』と言ったら『そんなことないですよ。芸能界、何があるかわかりませんよ』と話していました」

いとうまい子も中居推し

 ヤンキーに憧れていた中居少年が夢中になった84年の大映ドラマ「不良少女とよばれて」(TBS系)に主演した、いとうまい子(52)も賛辞を惜しまない。

「昔、バラエティの企画でサプライズで私が出演したのですが、『いとうまい子だよね!? いとうまい子だよね!?』とすごく驚いてくれて。その後、どんどん売れてからも、会った時の印象は変わりません。テレビに出ているまんま、本当に気さくな人なんです」


関連記事

おすすめ情報

文春オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索