「ジャニーさんはOKが出るまで永久にやり直し」あの名曲の生みの親・松本隆70歳に

「ジャニーさんのOKが出るまで永久にやり直しの世界」

 以来、松本はロック界と歌謡界のあいだに橋を架けるつもりで試行錯誤を続けながら、ヒットを連発していく。この間、松本と同世代、さらに下の世代のミュージシャンたちが次々と台頭し、ロックと歌謡曲に隔たりなどなかったかのように自由に行き来するようになっていた。こうしたミュージシャンたちによる音楽はニューミュージックと呼ばれ、現在のJポップへとつながっていく。

 松本は80年代に入ると、太田裕美「さらばシベリア鉄道」(1980年)とイモ欽トリオ「ハイスクールララバイ」(1981年)でそれぞれ大滝詠一と細野晴臣とタッグを組んだのを皮切りに、はっぴいえんど時代の仲間とも数々の名曲を世に送り出す。松田聖子や近藤真彦などアイドルの楽曲では、細野や大滝のほか、松任谷由実や山下達郎といったニューミュージック系のミュージシャンと組んでのヒットも多い。

 近藤真彦への楽曲提供は、筒美京平と組んだデビューシングル「スニーカーぶる〜す」(1980年)からだが、それは先ごろ亡くなったジャニーズ事務所創業者のジャニー喜多川の意向によるものであったという。松本はジャニーについて次のように語っている。

《ジャニーさんはとても面白い人で、ルックスがいい子を集めるというのもあるだろうけど、音楽性の高いロックを歌わせて本物のスターを作りたがった。だから筒美京平さんとかもどんどん起用していたんだろうね。/曲についてもすごくこだわりの強い人で、ジャニーさんのOKが出るまで永久にやり直しの世界。『スニーカーぶる〜す』には別のテイクがあるというけれど、何度も書き直しているからそれは無数にあるんじゃないかな》(※5)


関連記事

おすすめ情報

文春オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索