「ぜひマーベル映画に!」と米誌に絶賛された EXILE/三代目JSB・小林直己は哲学専攻の「文科系」

「ナオキ・コバヤシは大きな発見だ」「今後さらに大きな役をハリウッドで掴めるだろう。おい、マーベル、聞いてるか?」

 米VARIETY誌に異例の大賛辞を贈られた鮮烈なハリウッドデビューだ。

 EXILEのパフォーマーで三代目J SOUL BROTHERSリーダーの小林直己さんが出演する映画『 アースクエイクバード 』が11月15日からNetflixで世界同時配信される。


小林直己さん

 舞台は1989年の東京。英国人女性ルーシーは友人のリリーを殺害した容疑をかけられる。小林さんは二人の女性を翻弄するミステリアスなカメラマン禎司(ていじ)役にオーディションで抜擢された。

 原作は日本在住経験のあるスザンナ・ジョーンズによる同名の英国推理作家協会賞最優秀新人賞受賞作だが、スタッフやキャストの顔ぶれがまた凄い。製作総指揮は『ブレードランナー』『エイリアン』『ブラック・レイン』の巨匠リドリー・スコット、ルーシー役は『リリーのすべて』のオスカー女優アリシア・ヴィキャンデル、リリー役は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のライリー・キーオ、監督は『コレット』のウオッシュ・ウエストモアランド、プロダクションデザイナーは『キル・ビル』の種田陽平、カメラマンは『オールドボーイ』のチョン・ジョンフン。Netflixといえば、『ROMA/ローマ』が今年度のアカデミー賞を受賞するなど本格的な映画への参入が話題になっているが、錚々たる布陣による大作だ。

 しかし、華やかなサクセスストーリーの陰には、「自分は何でグループに貢献できるのか」と自分の存在意義に疑問を抱いた経験があったという。「体育会系」のイメージが強いLDHきっての「文科系」「頭脳派」は、いかにして今回のビッグチャンスをつかんだのだろうか。

◆ ◆ ◆

――小林さんが演じられたカメラマンの禎司は、物語の謎を象徴し、ストーリーの核を握る重要な人物です。キャスティングが長い間難航していたそうですが、ウエストモアランド監督は「ナオキを見て一目で『彼だ』と直感した」と語っていますね。

小林 2017年にオーディションを受けたのですが、どうしても、この禎司という役を自分でやりたかったんです。脚本を初めて読んだときから、禎司の内面に強い共感を覚えました。彼は無口で、あまり自分の心を他人に見せません。彼にとってのカメラは鎧であり、窓でもあったと思います。今、撮影を終えて振り返ってみると、禎司という役を作っていくことは、自分の向き合いたくなかった過去と向き合う必要性もあり、タフな経験ではありましたが、役者としても人間としても成長させてもらったなと思っています。

 共演者のアリシアからも「寛大で紳士的」と言われるほど、普段の小林さんは明朗で誰にでも優しく謙虚だが、ウエストモアランド監督は「彼は、激しさ、複雑さ、闇……いろいろな要素を持っていて“スター・パワー”がある」と語る。心というミステリーの深淵を覗き込む本作を観る者は、やがて「どこか、何かがおかしい」という奇妙な感覚に包まれていく。


関連記事

おすすめ情報

文春オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る