12月13日に発売されたフリーアナウンサー田中みな実(33)のファースト写真集「Sincerely your…」(宝島社)が、発売から1カ月で50万部を突破した。スペイン・バルセロナで撮影されたという写真集には下着姿の大胆な姿も掲載されているが、読者には男性だけでなく女性も多いという。以前は“ぶりっ子キャラ”で「嫌いなアナウンサー」の代名詞だったが、いかにしてこの支持を手にしたのだろうか。

 数々の女性誌にコラムを寄稿する美容ジャーナリストの齋藤薫氏が、田中みな実のカラダがなぜ女性の支持を集めたのか、その綿密に練られた“女性受け戦略”を分析した。

 何でも炎上するこの時代に“脱ぐ勇気”は、まず並大抵のものではない。吉凶どころか、鬼が出るか蛇が出るか、何が起こるかわからない賭けのような選択。女にとっては運命をかけての露出を、よくも決断したものである。

 今更説明するまでもないが、ヌードであれセミヌードであれ、キャリアやタイミングによっては“脱ぎ損”になりかねない。崖っぷちで起死回生を狙っても、多くはイタイと言われ、さらに好感度を減らすことになる。フリーとなった別の元局アナにも、同じような年齢で水着写真集を出し、その後も脱ぎ続けるものの、表舞台から完全に姿を消してしまった人がいる。元局アナというハイスペックな女性がそこにたどり着くまでの距離と道のりを考えると、何だか物哀しい。

 ただそういう意味で、よほどの勝算がないとやってはいけないことであるのも、田中みな実は知っていたのだろう。既に様々な伏線を張っていた。結果、この写真集は前代未聞の大ヒットとなっているのだ。


田中みな実 ©AFLO

女が敬意を表する“体が見事な女性”

 セミヌードによってここまでイメージを急上昇させた例は過去にないかもしれないほど。

 いろんな理由が複合的に絡んでいるのは間違いないが、まず何よりもそれぐらい美しい体だったということ。バストは豊かだけど品が良く、ヒップは撮影時の32歳という年齢を考えると芸術的。程よい筋肉を感じる引き締まった脚、しなやかなウエストのくびれ。そこに端正で小さな顔がついていて、表情は、少女のよう。男はそこにエロスを感じ、後ろめたさを感じたりするが、女性の目にはちゃんと清潔感が見えるからこそ、評価が高かった。

 女の体は、美しいかどうか以前に、行儀が良い体かどうかが問われる。ましてや下着姿には、親のしつけのようなものが自然ににじみ出る。そういう意味でこの人の体は、猥雑さがなく、穢れがない。だから女性たちはそれをあくまで美しいものとして、自分もこうありたいという美しさとして、この目でしかと見ておきたいと思ったのだろう。

 本当の意味で、女が敬意を表するのは“体が見事な女性”。じつは以前から「どんなに顔が美しくても、プロポーションが良くないと女性の支持を得られない」という法則があった。90年代あたりから、憧れの女性は女優よりもモデルとなり、いわゆるガールズコレクションで、女性たちがモデルに絶叫するようになるのもそれがため。