NHK朝の連続テレビ小説「エール」でヒロイン・古山音役を好演中の二階堂ふみ(26)。戦争で音楽教室をやめざるをえなかった音だが、もう一つ……。(「週刊文春」10月22日号より転載)

◆◆◆

 二階堂は「エール」の撮影現場で、音の夫・古山裕一を演じる窪田正孝(32)と頻繁に打ち合わせを重ねてきたという。

「彼女は『この時代の人は自分の主張をできなかったんじゃないか』と時代背景も踏まえながら、窪田さんと『夫婦の愛や絆をどう表現するか』を相談しています」(制作スタッフ)


二階堂ふみ

 撮影に熱が入るのには、理由がある。

「すでに女優としての実績は十分でしたが、『どうしてもこの役をやりたい』とオーディションを受けました。彼女は沖縄出身で、子どもの頃から祖母に戦争の話を聞かされていた。その祖母の存在が奥底にあるようです」(NHK関係者)

 実際、フォトブック「二階堂ふみinエール」(東京ニュース通信社)では、こう明かしている。

〈沖縄戦の中でも一番の激戦地を生き抜いた私の祖母が、アルツハイマーになったということも理由のひとつにあって。(略)まだ祖母は私が孫であることを認識できているので、“もし『エール』に出られたら、毎朝おばあちゃんに自分の顔を見せられるんだな”って〉