初の無観客で行われる今年のNHK紅白歌合戦。コロナ禍の影響で在宅率が高くなり、高視聴率が予想されている。11月16日には出場者も発表された。

 だがひとつ、不透明要素がある。「トリ選び」だ。今や日本を代表する歌姫であり、昨年紅組トリを務めたMISIA(42)が15日、『NEWS23』(TBS系)のロケで乗馬シーンの撮影中、落馬し全治6週間の大けがを負った。

「今年もMISIAはトリ候補と見られていた。回復はギリギリ間に合う計算で、NHKは出場を見込むが、音域5オクターブの歌唱とパフォーマンスは万全のコンディションあってこそ。あまり舞台上を動けないようだと、さすがにトリは難しくなる」(放送記者)


MISIAは紅白5回目。最初の1回は特別出演だった ©共同通信社

 紅組はNiziUら初出場が6組と話題性はあっても、トリに据えられるような実績ある大物は少ない。今年がデビュー40周年のビッグイヤーだった松田聖子(58)はどうなのか。芸能デスクが指摘する。

「2014年から2年連続で大トリの経験もあり実績は十分だが、大晦日は武道館でカウントダウンライブを予定。さすがにトリが中継では格好がつかない」