『大乱闘スマッシュブラザーズ』(『スマブラ』)はとてつもないバケモノといえるゲームだ。Nintendo Switchで発売されているシリーズ最新作『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』は2110万本の売上を記録しており、まさしく全世界で愛されるゲームとなっている。


各メーカーを代表するキャラクターが戦い合う/『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(2018年)

四半世紀にも迫ろうとする『スマブラ』の歴史

 本作はさまざまなゲームキャラクターが一堂に会し、ふっ飛ばして相手を倒す対戦アクションゲームである。「マリオ」や「ピカチュウ」といった任天堂に関連したキャラクターを操作できるだけでなく、「パックマン」に「ロックマン」といったゲーム業界の古参と呼べる有名キャラクターも登場。そして『ストリートファイター』シリーズの「リュウ」、『ファイナルファンタジーVII』の「クラウド」なども一緒に戦うという、ありえないコラボが実現している驚くべき作品だ。

 シリーズ初代となる『ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ』が発売されたのは1999年1月21日。つまり、いまから22年前だ。その長い歴史を重ねるうちに、『スマブラ』はここまでとてつもない作品になったのである。しかし、『スマブラ』は最初からいまのような“最強のゲーム”だったわけではない。

考えられない規模のコラボレーション

 まず、最新作である『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』がどれほどすごいのかを説明しよう。本作は歴代シリーズに登場するファイター(プレイヤーが実際に操作できるキャラクター)がすべて登場しており、記事執筆時点で78体が存在。ここまで操作キャラクターが多いゲームはほとんどないと言ってもいいだろう。また、対戦を行うステージや、対戦中に流れるBGMの数も過去最多。「史上最大規模」の名にふさわしい一作となっている。

 前述のように、任天堂以外のゲーム会社からファイターとして参戦しているキャラクターも存在する。『メタルギア ソリッド』シリーズの「スネーク」、『悪魔城ドラキュラ』シリーズの「リヒター」、『ペルソナ5』の「ジョーカー」、『ドラゴンクエスト』シリーズの「勇者」など、考えられないレベルのコラボレーションだ。任天堂の『スマブラ』なのに、『ドラクエ』も『FF』も入っているのである。