3月26日午後1時、六本木グランドタワーの9階。ここで行われていたのは、医療ベンチャー「メドレー」の株主総会だった。

「豊田取締役の再任は妥当か。信頼回復が先では」

 株主から厳しい質問を浴びたのは、同社取締役の豊田剛一郎氏(36)。小川彩佳アナ(36)の夫である。

◆◆◆

「週刊文春」は2月3日夕方配信の「スクープ速報」で、豊田氏が小川アナの出産後も愛人のA子さんとの肉体関係を続け、緊急事態宣言中も逢瀬を重ねていたことなどを報道。豊田氏は同日付で代表取締役(当時)を辞任するとともに、約16億円のストックオプション(新株予約権)を返上した。


小川彩佳アナ

友人には「ホテル暮らしなんだ…」

「逗子クルージングでの白ビキニ姿のA子さんとの写真が話題になりましたね……。彼は報道後、家には居辛くなったのか、『ホテル暮らしなんだ。まだ離婚してないけど』と話していました」(豊田氏の友人)

 妻との関係もさることながら、経営者としても不倫の代償は大きかった。2月2日には5120円だったメドレーの株価。ところが不倫報道以降、右肩下がりで、株主総会直前の3月25日には3905円まで下落した。時価総額で見れば、約380億円が吹っ飛んだことになる。

 そうした中、臨んだ株主総会。冒頭の質問に対し、豊田氏と開成中学の同級生で、創業者の瀧口浩平代表取締役社長はこう答えた。

「他社事例と比較しても最も重いレベルのペナルティ。過去の功績等勘案しても長期的な企業価値向上のため、豊田氏の再任は妥当です」