前田、大島、篠田、渡辺、高橋、小嶋、板野の今

 こんな形で彼女の名前をまた頻繁にメディアで見るようになることは、当時のファンたちからすれば複雑な心境だったのではないでしょうか。

 AKB48初期の大エースとして当時の人気を支えていた前田敦子さんが、4月23日、俳優・勝地涼さんと離婚したことを発表。様々なメディアで「前田敦子」の名前が躍りました。

 前田さんはAKB48卒業後、女優として活躍されていますが、ドラマや映画のメジャー作品の主演やヒロインからは遠ざかっているため、このように彼女の名前を頻繁に目にするのは久しぶりの印象です。


第3回インターペットアワード授賞式に出席した前田敦子さん

 そこで思い出されるのが、AKB48初期に前田さんとともにグループの人気を支えていた初代・神7(カミセブン)の7人。

 初代・神7とは2009年、2010年のAKB48選抜総選挙で上位7位までにランクインしたメンバーのことで、前田敦子さん、大島優子さん、篠田麻里子さん、渡辺麻友さん、高橋みなみさん、小嶋陽菜さん、板野友美さんが該当します。

 そんな初代・神7も、人気絶頂だった10年ほど前に比べると、彼女たちの名前を見聞きする機会は減ってしまった印象があります。そこで今回は恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーである筆者が、初代・神7のグループ卒業後の足跡を振り返っていきたいと思います。

“あっちゃん”は結婚・出産・離婚を経て、個性派女優へ

前田敦子(29歳/AKB48卒業:2012年8月)

 2009年の第1回・AKB選抜総選挙で1位だった前田さん。

 プライベートでは先月離婚した勝地さんと2018年7月に結婚し、2019年3月に第一子を出産したことでも話題となっていました。

 グループ在籍時代にはドラマ『Q10』(2010年/日本テレビ系)のヒロインや、ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』(2011年/フジテレビ系)の主演などに抜擢されていました。卒業後もドラマ『ど根性ガエル』(2015年/日本テレビ系)や、ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(2016年/TBS系)といった話題作のヒロインや主役を演じていました。

 最近では竹野内豊さん主演で放送中のドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)の第2話にゲスト出演していますが、メインどころでの出演は激減。女優業としては往時に比べると停滞しているように思えます。

 しかし『イチケイのカラス』では、幼児虐待で有罪判決を受けた料理研究家というクセの強い役を見事に演じきっていました。結婚、出産、離婚といった人生の大きな経験を糧にしていけば、いい意味でのアクがあり深みも出る個性派女優として、需要は途切れないのではないでしょうか。