10数年前、あるレコード会社のプロデューサーに取材する機会を得た。そのとき彼がポロッとこぼした一言は、いまでも忘れられない。

「日本で男性アイドルをやるのは難しい……」

 その背景にあるのは、もちろんジャニーズ事務所の存在だ。当時は、NEWSや関ジャニ∞、KAT-TUNがデビューして間もない頃。90年代中期以降のSMAPと嵐の大ブレイクを受け、ジャニーズはさらに勢いを増していた。(全2回の1回目/ 後編に続く )

ジャニーズの“一強”が崩れ始めた

 他のプロダクションも男性グループを送り出してはいた。EXILE(2001年〜)のような成功例もあるが、それは優男イメージの強いジャニーズとは棲み分けていたからだ。ライジングプロダクションのDA PUMP(1997年〜)やw-inds.(2001年〜)は、ヒットしたものの国内での活動には限界があり、w-inds.は海外に活路を求めた。

 それが、日本の「男性アイドルの難しさ」──だった。

 だが、それはすでに過去の話だ。現在、ジャニーズに対する多くのコンペティターが参入することで、日本の男性アイドルシーンには大きな変化が訪れている。

JO1を仕掛けた黒船「CJ ENM」

 現在、ジャニーズの競合となる男性アイドルグループが続々と生まれている。

 その代表格は、昨年3月にデビューしたJO1だ。11人組のこのグループは、101人の参加者(練習生)がデビューをかけて競い合うオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』(通称『日プ』)から生まれた。仕掛けたのは、韓国の大手制作プロダクション・CJ ENMと吉本興業だ。両社によって設立されたLAPONEエンタテインメントがJO1を運営している(資本比率はCJ70%、吉本30%)。つまり、K-POPと日本の大手芸能プロダクションが手を組んだのである。


CJ ENMと吉本興業が仕掛けたJO1 ©getty

 CJ ENMは、韓国最大手の総合コンテンツプロダクションだ。映画『パラサイト』をはじめ、傘下のスタジオドラゴンは『愛の不時着』や『シグナル』などを生んできた。『パラサイト』がアカデミー作品賞を受賞し、『愛の不時着』が日本で大人気なように、そのコンテンツは次々とグローバルヒットに結びついている。

 JO1もこのグローバル展開に含まれる存在だ。それは、K-POP得意のローカライズ戦略の最新形であるローカルプロダクション(現地制作)と言える。CJ ENMは音楽でも韓国版MTV・Mnetを中心に、多くのコンテンツを生み出してきた。

 日本進出では、AKB48グループが参加した『PRODUCE 48』で日韓混成のガールズグループ・IZ*ONEを大成功させ、その次に送り出したのがJO1だった。