今期(4月〜6月)の連続ドラマもいよいよ終盤に差し掛かっている。最近は、このくらいのタイミングになると「いよいよ最終章」という煽りを目にすることが増えてきた。「最終章」の次によく見かけるのは「第一章完結、次週、第二章開始」というものである。

 今期の最終章煽りは、石原さとみと綾野剛のラブコメ「恋はDeepに」(日本テレビ系)が第8話の放送前に「人魚と人間の恋 最終章へ…」と謳い、櫻井翔と広瀬すずの探偵もの「ネメシス」(日本テレビ系)は第7話から「物語の最終章の幕開け」としている(いずれも公式ツイッターより)。


「恋はDeepに」で主演を務める石原さとみと綾野剛 ©AFLO/getty

 宣伝上の煽りに留まらず、物語自体を明確に第一章、第二章に分けたドラマは坂元裕二脚本の「大豆田とわ子と三人の元夫」(フジテレビ系)で、第6話まで「第一章」、第7話から「第二章」と銘打っている。

最終章突入で視聴率が上がった「恋はDeepに」

「第一章完結!」「衝撃の第二部へ!」「新章開幕!」「いよいよ最終章!」……と連ドラをいくつかの章に分ける理由は話題性と見やすさである。「第一章完結」や「いよいよ最終章」と言われると「はてさてどんなものだろう?」と、たとえ続けて見てなくてもなんだか気になるものである。

 実際「恋はDeepに」の第8話は下がりかけていた視聴率が上がり、持ち直して最終回の弾みになった。石原さとみ演じる主人公が人間ではなく人魚だったという驚きの展開が示唆され、人魚姿の石原さとみが見られると思って視聴した人もいたのではないだろうか。「ネメシス」は別の話がはじまったかのようにムードが変わり、広瀬すず演じるヒロインの大きな秘密がクローズアップされている。

 日テレが連ドラを章で区切るのは、映画化も準備中の秋元康企画によるミステリー「あなたの番です」(日本テレビ系 19年)の成功体験も大きいと考えられる。田中圭と原田知世が夫婦役、W主演と銘打たれたものの序盤の注目度はさほどでもなかった。

 それが中盤、主役のひとりである妻(原田知世)が亡くなり、あまりに意外な展開のまま第二章「あなたの番です―反撃編―」に突入。一気に話題の的になり、第二章の視聴率はぐんぐん上がっていったのだ(ただし、これは3ヶ月+3ヶ月の半年間の放送であった)。