「二年ほど前には周りの人たちに『さようなら』と別れを告げて、いなくなろうとしていたんです。中には『ちょっと待ちなさい! 悔しくないの⁉』と励ましてくださる方もいました。でも『一生このまま状況が変わらないなら、もういいかな』って考えるようになってしまって」   

 その人は声を絞り出すようにして、つらい心情を吐露した――。 


2017年9月3日、婚約内定会見の日の佳代さん 写真:小学館(撮影・関谷知幸)

 秋篠宮家の長女・眞子さま(29)と小室圭さん(29)が、2017年9月に婚約内定の会見を開いてから約4年。同年12月に圭さんの母・小室佳代さん(54)の金銭トラブルが報じられると、翌18年2月に結婚の延期を宮内庁が発表。圭さんは今年5月に米ニューヨークのフォーダム大ロースクールを修了し、来月にはニューヨーク州の弁護士試験を受験する予定というが、おふたりの結婚問題は膠着状態に陥ったままに見える。 

 この間、絶え間ないバッシング報道を浴び、記者やカメラマンに追われる日々を送りながらも沈黙を保ってきた佳代さんに、「週刊文春WOMAN」は約1年にわたって取材を重ねてきた。 「週刊文春WOMAN」2021夏号 では、これまでに佳代さんが語った言葉を一挙掲載している。 

記者が語りかける中で、初めて口を開いたのは「子育て」について

 当初は接触を試みても足早に去るばかりだった佳代さんが、初めて口を開いたのは「子育て」についてだった。記者が一方的に語りかける中で、幼い子供がいる身であることを口にすると、突如、歩みを止めて振り向いたのだ。 

「男の子ですか? 女の子ですか?」 

 男の子であることを告げると、「かわいいですよね」とそれまで見たことのない笑顔を浮かべ、以来、仕事帰りの佳代さんに声をかけると、答えを返してくれるようになった。