《一番最初に好きになったアイドルはAKB48の峯岸みなみさんでした。高一の頃みんな AKBに一旦ハマる時期があったのですがまさにそれです。大声ダイヤモンドとか十年桜とかYouTubeで聴きまくってました。高2の部活の合宿でみぃちゃんと付き合うにはどうしたらいいかと先輩に真剣に相談したら返事もされず寝られたことを今でも覚えています》(2018年1月4日のLINEブログより)

 2018年1月4日に人気YouTuber「東海オンエア」のリーダーであるてつや(27)は、今年5月28日にAKB48を卒業した峯岸みなみ(28)への想いをこう綴った。そして峯岸に夢中になってから約10年の時を経て、てつやは想いを結実させ、さらに“その先”へもコマを進めようとしている――。


てつやのTwitterより

てつやの地元・岡崎で感動のプロポーズ

 2人をよく知る関係者がこう証言する。

「私が知っている限りだと、みぃちゃん(※峯岸のあだ名)が卒業を発表した2019年12月にはすでにてつやくんと交際していました。てつやくんは愛知県岡崎市に住んでいるのでずっと遠距離恋愛なのですが、本格的に交際をスタートさせたのはAKB卒業後。てつやくんが上京するときには決まってみぃちゃんの家に泊まっています。

 2020年冬には、てつやくんが大きなダイヤが付いた指輪を渡してプロポーズもしています。みぃちゃんもその指輪を受け取っています」

 驚きの証言だが、実はこれまでもてつやと峯岸の交際はネット上で噂されてきた。それを受けて、てつやに噂の真偽を確認したファンもいるという。東海オンエアの女性ファンが語る。

「熱心なてつや推しの子が、てつや本人に『結婚するって本当なん?』って聞いたんです。するとてつやは『えっ? いやいやいや〜』って、否定しながらも笑っていました。それが否定しているっていうより、照れ笑いに見えたんですよね」

 こうした噂が立つようになったのは、冒頭のようなてつやの溢れんばかりの“峯岸愛”ゆえだろう。ほかにも峯岸についてはこんな発言をしている。

《6年前に一目惚れした人にありったけの愛を伝えてきました。きっと伝わったことでしょう。好きという言葉でしか言い表せん。好き。本当に好き。(中略)ああもう!好き!》(2016年7月12日、峯岸の握手会に参加した際のツイートより)

 てつやの書き込みだけを見ると、2人はファンとアイドルという関係にしか見えない。彼らはいかにしてその垣根を越えたのだろうか。

「岡崎のスター」東海オンエアは登録者数606万人

 てつやが所属する東海オンエアは、としみつ(28)、しばゆー(27)、ゆめまる(27)、りょう(28)、虫眼鏡(28)の6人組のYouTuberユニットだ。登録者数608万人を抱え、トップクラスの人気を誇っている。

「東海オンエアはほとんどのメンバーが岡崎市出身で、現在も地元を中心に活動をしています。人気の動画には『寝たら“即帰宅”の旅!』などがあり、チャンネルの総再生数は89億を超えています。これはヒカキンやはじめしゃちょーなどにも勝る記録。また今年開催された『東京2020オリンピック』では『#チームコカコーラ』として、コカコーラのオリンピックアンバサダーにも就任。