俳優の大島優子と松坂桃李はともに1988年10月17日生まれで、きょう33歳を迎えた。

 大島は今年7月に2歳下の俳優の林遣都と結婚を発表したばかり。松坂も昨年12月、やはり俳優で、誕生日がちょうど2カ月早い同い年の戸田恵梨香と結婚している。そもそも大島と林が交際を始めたきっかけは、昨年3月まで半年間放送された戸田主演のNHKの朝ドラ『スカーレット』で共演したことだという。


松坂桃李 ©文藝春秋

 松坂と戸田は、2015年公開の映画『エイプリルフールズ』で共演したのが馴れ初めと伝えられる。松坂は一昨年に雑誌のインタビューで《30代のうちに結婚したいです》と宣言し、《結婚すると役者はダメになるとか、安定を求めてはダメだ、と考える方もいらっしゃいますが、僕は断然安定と平和を求めるタイプ。家族がいたら、家族の生活と幸せのために、安定した収入がほしいと願い、仕事にもさらに力が入ると思います》と語っていた(※1)。このときすでに戸田と交際していたはずで、結婚も真剣に考えていたのかもしれない。ちなみに戸田のほうは、30歳になった2018年のインタビューで理想の男性像を訊かれ、《何に対しても心豊かな人です》と答えている(※2)。

「俳優どうしの結婚」が集中する理由

 昭和が終わり平成と改元された1988年度(1988年4月2日〜1989年4月1日)生まれには、大島・松坂・戸田のほかにも俳優が結構多く、瀬戸康史、黒木メイサ、三浦翔平、新垣結衣、森カンナ、濱田岳、中尾明慶、吉高由里子、窪田正孝、木村了、豊田エリー、多部未華子、永山絢斗、千葉雄大、佐藤健(以上、誕生日順)などがいる。

 このなかには既婚者も少なくないが、2011年にモデルの小泉深雪と結婚した濱田と、2019年に写真家の熊田貴樹と結婚した多部以外は、黒木は元KAT-TUNの赤西仁、豊田は柳楽優弥、中尾は仲里依紗、三浦は桐谷美玲、窪田は水川あさみ、木村は奥菜恵と、みな伴侶も俳優というのが興味深い。さらに昨年8月には瀬戸が山本美月と、今年5月には新垣が星野源と結婚をあいついで発表している。2組ともやはりドラマでの共演から交際に発展したカップルだ。

 俳優どうしの結婚は昔から珍しくないとはいえ、この世代にことさらに集中しているのはなぜなのか? その理由を探るべく、彼・彼女らの過去の発言を振り返ってみると、何となく共通するものが見えてくる。