12月9日に横浜のライヴハウスで幕を開ける「MasahikoとYoshio Live Tour2021−2022」。近藤真彦(57)と野村義男(57)が来年春にかけて、大阪・福岡・札幌など全国7か所を巡るのだ。57歳になり「マッチくん」、「ヨッちゃん」と呼び合うふたりは現在揃って金髪ヘア。リハーサルには余念がない。


コンサートツアーのポスター

「マッチの芸能活動再起を賭けたツアーとなりますが、頼りにしたのは四十数年来の仲のヨッちゃんということになりました。内々では、『ロートルパワーに賭けてみよう』と言っていますよ。要はファンもいいオトナの年齢で、それなりにチケット代などのお金を使ってくれるだろうということです。チケット先行発売をウリに、ファンクラブ会員も大募集中です」(音楽関係者)

不倫スキャンダルで「無期限の活動自粛」

 近藤真彦の5年にわたる不倫交際が「週刊文春」によって明らかになったのは、昨年の11月のことだった。ジャニーズ事務所は“長男坊”近藤のスキャンダルに、「無期限の活動自粛」を発表したが、結局本人は口を噤んだまま今年4月に退所。以降の芸能活動はラジオのレギュラー程度で、あとは長年続けてきたレース関連の活動ばかりだった。

「でもジャニーズに44年、人生の大半いたわけですからね。歌で人前に出たくてウズウズしていました。11月2日に、中野サンプラザで昼夜2回コンサートをやりましたが、『愚か者』からスタートして、アンコール前には『ギンギラギンにさりげなく』を歌うというまさにベストヒットメドレーみたいなコンサートでした。この時のタイトルが『Re START』だったんです。もちろんバックのギターはヨッちゃんでした」(同前)

 昨年12月に予定されていたデビュー40周年記念が不倫騒動で中止になり、そこで涙を飲んだファンたちがこの“再始動”に集まったのだ。

金八ブームから「たのきんトリオ」誕生

 しかし“世代”の方からは、「だったらトシちゃんも呼べばいいのに!」というツッコミが聞こえそうだ。

 始まりは1979年10月。第1シーズンが放送された、大人気ドラマ「3年B組金八先生」(TBS)だった。そこに生徒役で出演していたのが、ジャニーズアイドルの田原俊彦(60)、野村義男、そして近藤真彦の3人。金八ブームのおかげであっという間に人気が出て、それぞれの頭文字をとって名付けられたのが「たのきんトリオ」というグループ名だった。それぞれのイメージカラーは赤・青・黄色。トシちゃんファンは赤を身に着け、マッチファンは青で対抗する。以降、メンバーカラーはジャニーズグループの定番スタイルになっていった。