4月23日22時半過ぎに、都内にあるミシュラン1つ星を獲得する高級店から出てきた男女。黒いパーカーを着た高身長の男性は、人気バンドMAN WITH A MISSIONのベースを担当するKamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ)だ。

 この日、Kamikaze Boyは千葉で開催された「X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo」に出演しており、ライブ後の逢瀬を楽しんでいるようだ。少し飲みすぎたのだろうか。店を出た2人は談笑しながら、近くのコンビニでヘパリーゼなどを購入。周囲を警戒することなく都内のホテルへと入った。


中目黒駅近くの高級料理店に入るKamikaze Boyと相手の女性。Kamikaze Boyが扉を開けて、女性を先に店に入れていた ©文藝春秋 写真/上田康太郎

全米デビューも果たした狼頭の5人組

 頭は狼で体は人間の5人組、MAN WITH A MISSION。「天才科学者ジミー・ヘンドリックスがこの世に残した、究極の生命体」という設定だ。メンバーはTokyo Tanaka(トーキョー・タナカ)、Jean-ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー)、DJ Santa Monica(DJサンタモニカ)、Spear Rib(スペア・リブ)、Kamikaze Boy。2011年6月にアルバム「MAN WITH A MISSION」でメジャーデビューした。

「通称“マンウィズ”と呼ばれる彼らは、2010年に結成。3月7日にMAN WITH A MISSION始動が公式アナウンスされ、同日に渋谷で行われた『Bar Come On Rock!!Vol.3』に出演しています。2013年2月22日には『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に初出演。地上波の音楽番組に初めて出演し、狼頭も相まって注目を集めました」(音楽業界関係者)

 2013年5月には、日本武道館でワンマンライブを開催。さらに2014年には、アメリカのレコード会社の最大手とも言われるEpic Recordsより全米デビューを果たしている。

「日本武道館をはじめワンマンライブのチケットは、即日完売するほどの人気です。彼らがデビューしたEpic Recordsは、アヴリル・ラヴィーンやオジー・オズボーンらを抱える大手レコード会社。2019年には単独北米ツアー『MAN WITH A MISSION presents Chasing the Horizon World Tour 2018/2019 -North American Tour-』を成功させています」(同前)

 ベースを務めるKamikaze Boyは、2022年1月19日に発売された木村拓哉(49)の2ndアルバム「Next Destination」へ楽曲提供をしている。