5月16日、手越祐也(34)が経営する美容サロン「TEGOSHI BEAUTY SALON」が全店閉店に向け調整を進めていることが報じられた。同社HPによると5月末にはすべての店舗を閉店するという。

「僕が手掛ける事業第1弾」と息巻いていたはずの手越に一体何があったのか。経営悪化の実態をスクープした「 週刊文春 」の記事を公開する。(初出:週刊文春 2022年3月3日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

〈僕が手掛ける事業第1弾として10月に美容サロンがオープンします!〉

 一昨年10月、華々しく開店した手越祐也(34)の「TEGOSHI BEAUTY SALON(以下、T社)」だったが……。

 T社は脱毛美容サロンだ。当初は手越の気合も十分でオープン直前に決起集会も開催。従業員が語る。

「ホテルの宴会場でフレンチのコースが出て驚いた。手越さんは『21年中に21店舗まで広げます!』と豪語していましたね」

 当初はファンが殺到。神楽坂店はひと月、3000万円も売り上げた。しかし――。

「なぜか別の会社の店舗で働かされるのです」(同前)

 その会社とは美容サロンを経営するエストラボ(以下、E社)だ。E社はローランドなど著名人にノウハウを提供、手越にも同様だ。