「(騒動後に)岡村さんと一度話したいと思ったのですが、連絡先を知らなくて。関係者の方に連絡先を教えていただいて、電話させてもらいました……」

「文春オンライン」の取材に神妙な面持ちでそう語るのは、アンガールズの田中卓志(46)だ。4月24日にスタートした田中にとってゴールデン帯初MCとなる新番組『呼び出し先生タナカ』(フジテレビ系)がピンチを迎えている。

 初回放送後、同番組の内容が『めちゃ×2 イケてるッ!』(フジテレビ系)の『抜き打ちテスト企画』と酷似しているとの声がネット上に広がり、ナインティナインの岡村隆史(51)も自身のラジオで「オレ、クビになったんやな。オレらがやったらあかんかったのか」と苦言を呈すなど、“パクリ疑惑”が波紋を広げているのだ。


アンガールズの田中(左)とナインティナインの岡村 フジテレビ公式HPより/©共同通信社

アンガ田中がナイナイ岡村に「謝罪」電話をかけていた

 そんな騒動について文春オンラインが取材を進めると、渦中の田中が憤る岡村に「謝罪電話」をかけていたことがわかった。両者の間でどんな会話が交わされたのか、電話は約15分間に及んだという。

 問題となっている『呼び出し先生タナカ』は毎週日曜日の夜9時からフジテレビ系列で放送されている番組だ。

《“勉強”と“笑い”を融合したお笑い教育“一斉テスト”バラエティー》をテーマに掲げ、人気芸能人が学力や実技の試験に挑戦する。その後、ゲストの珍解答に担任役の田中と副担任役のシソンヌ・長谷川忍(43)がツッコミを入れながらテスト結果を順位ごとに発表していく。

『めちゃイケ』の人気企画と酷似している……?

 この番組内容が酷似していると指摘されているのが、1996年から2018年まで同局で放送された『めちゃイケ』の名物企画の「抜き打ちテスト」だ。担任役の岡村と副担任役の佐野瑞樹フジテレビアナウンサー(50)がゲストのおバカ解答をイジり、視聴率20%台を記録するなどした人気企画で、後にシリーズ化された。

「『呼び出し先生タナカ』は、めちゃイケの『抜き打ちテスト』シリーズに似ているというよりそのまんま」と厳しく指摘するのは、フジテレビの制作スタッフだ。

「いきなりレギュラー放送の初回が3時間のスペシャル枠だったのは、局の肝煎りの番組であることの表れです。しかし、事前に旧『めちゃイケ』スタッフにも番組内容の連絡や相談はなかったようで、旧『めちゃイケ』スタッフはオンエアを見て当時と全く同じ企画だったと驚いたそうです。『呼び出し先生タナカ』の総合演出の担当者は、もともと『めちゃイケ』のADで、他にも多くの元『めちゃイケ』スタッフらが『呼び出し先生タナカ』にも携わっている。当時のような人気企画をやりたいのはわかるが、それにしてもあまりにそのまんま過ぎて、安易だなと思いました」

 この制作スタッフ曰く、「今回の問題の背景には長く低迷するフジテレビの内部事情が大きく影響している」という。