《覚醒剤使用で逮捕》元ミス学習院AV女優・結城るみなが明かした「致死量に近い覚醒剤」を使用していた“きっかけ”と”ある男との出会い” から続く

「失恋して塞ぎこんでいるとき、気晴らしになればとワンナイトの相手を求めてマッチングアプリに登録しました。そこで出会った男性が、薬物への扉を開くきっかけになってしまったんです」

 そう話すのは、元ミス学習院で2020年3月にAVデビューした結城るみな(27)。

 中等科から学習院に通い、大学3年生でミス学習院グランプリを獲得するという、一見、順風満帆な人生を歩んでいた結城だが、その心は真面目な才女と不良少女、2つの顔の間で揺れ動いていた。

 ミスキャンパスがAV女優になり、2021年9月に覚醒剤取締法違反で逮捕されるまでに何があったのか――。


 

◆◆◆

4日間で大麻、コカイン、覚醒剤を初体験

――薬物依存のきっかけを作った男性と出会ったのはいつ頃でしたか? 

結城 2019年10月、元カレとの同棲生活を解消して、一人暮らしを始めた頃でした。男性の第一印象はミステリアスな人。でも、今思えばちょっと様子がおかしかったですね。落ち着きなく部屋をウロチョロして、ウーバーイーツのお釣りをもらったはずなのにないと言ってゴミ箱をひっくり返して……。

――まさか薬のせいだとは思わなかった。

結城 思いませんでした。中学時代に非行歴はありましたが、薬物とは無縁でしたから。だから「タバコだよ」と言って渡されたものを吸った時も、やけにむせるなとは思ったんですが、大麻だとは思いもしなかったんです。タバコもほとんど吸ったことがなかったので違いもわからなかったし、クラクラするのもお酒のせいだと思っていました。今思えば、大麻を吸ってしまった時点で、完全にキマッて、判断力を失っていたのだと思います。

――判断力を失い、善悪も気にならなくなってしまった。

結城 彼と4日間くらい一緒にいる中で、コカインと覚醒剤もやってしまいました。恥部に白い粉を塗られてそのまま4〜5時間セックスしたことも大きかったかもしれません。いわゆるキメセクですね。テーブルの上に線を引くように置いた白い粉を「鼻で吸って」と言われた時に、「あ、これヤバいやつだ」って気が付いたのですが、断ることができずにやってしまった。男性がパイプを取り出して覚醒剤を炙りだしたときも、違法薬物だと感じつつ、言われるがままに吸ってしまいました。