「飛行機は向かい風を受けて高く飛ぶんや」

 NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」でヒロインの舞に空を飛ぶ楽しさと厳しさを教える先輩パイロット・由良冬子役を熱演した女優の吉谷彩子(31)。実は子役時代から数えて芸歴26年のキャリアを持つ苦労人だ。

◆ ◆ ◆

芸能活動をほぼ休止し、勉強と部活に打ち込んだ中高時代

 NHK関係者が語る。

「今回は役作りのために髪をばっさりカット。移動は車から自転車に変えて体作りをしていたそうです。役柄同様のストイックな姿勢で芝居に向きあっていた」


吉谷を有名にした「ビズリーチ」のポーズ(同社HPより)

 1991年、千葉県に生まれた吉谷は、3歳の頃母の勧めで児童劇団に入団。96年、5歳の時にドラマ「最後の家族旅行」(TBS)で、デビュー。その後も子役として大河ドラマ「北条時宗」などに出演したが、中高時代は芸能活動をほぼ休止し、勉強と部活に打ち込んだ。

「もともと犬や猫が大好きだった彩子は、獣医の夢をかなえるために高校時代は理系に進み、塾に通って勉強していました」

 にこやかにこう明かすのは吉谷の母親である。