〈 旧ジャニーズ「STARTO ENTERTAINMENT」福田淳新社長が真っ先に“週刊文春”の取材を受けた理由「性加害問題は…」〈独占告白150分〉 〉から続く

 旧ジャニーズ事務所が、タレントのマネジメントのために設立した新会社「STARTO ENTERTAINMENT」。新社長に就任した福田淳氏(58)は、12月8日の就任発表にさきがけ、「 週刊文春 」の独占インタビューに150分にわたって応じた。そのなかで、木村拓哉との面談、SMAP、King&Princeの再合流についての考えを明かしている。


福田淳氏 ©︎文藝春秋

 社長就任後、福田氏は旧ジャニーズ事務所に所属する約160人のタレントと面談を続けている。最初に面談したのは、事務所のトップスターである木村拓哉だった。

「すごく評価してくださった」

「面談の中身は申し上げられません。もちろん僕に直接おっしゃったわけではありませんが、すごく評価してくださったと聞きました。木村さんとの面談が上手くいったおかげで、その後はかなり助けられました。というのもいまの事務所で木村さんは長男的なポジションにいる。その彼に『何だい、こいつ!』と思われたら、信頼を一気に失いますよね。この事務所は、そういう序列がきちんと確立されていますから。現代の石原軍団ですよ」

 後輩タレントとのLINEグループで、木村は福田との面談についての印象を伝えていたという。