東大合格50人駒場東邦「入試パワハラ」「理科室不倫」で校長更迭

 毎年50名前後を東大に送り込み、「開成・麻布・武蔵」の御三家につぐ新・御三家の一つとして知られる進学校の駒場東邦中学校・高校。同校で、パワハラ、セクハラ問題が発生し、平野勲校長が退任することが「週刊文春」の取材でわかった。複数の教職員によれば、1月8日の職員会議で平野校長は「理事長の命令により、今年度いっぱいで校長を辞めることになりました」と説明し、事実上の更迭であることを明かした。

 スキャンダルが発覚したのは昨春のことだった。

「男性教諭のA氏からセクハラを受けたという女性職員の申し立てがあり、3月20日付でAさんは出勤停止1カ月の処分となりました。被害者と加害者の2人は飲み友達から不倫関係に発展。校内の理科準備室で逢瀬を重ねていたようで、“痴情のもつれ”の側面もあったようです」(職員)

 同時期にパワハラ疑惑も起きていた。

「前年度の入試に関する会議で『東大の合格者数が減ったのは指導に問題があったのでは』と発言した男性教諭B氏に対し、『私の指導が悪かったというんですか!』とある女性教諭がパワハラだと訴えたのです。内部調査でパワハラでは“シロ”と認定されましたが、B氏が生徒に対し、『いわれなき嫌疑をかけられた!』と暴露し、校長らの対応を批判したのです」(同前)


80年代から進学実績を伸ばした駒場東邦中学校・高校 ©文藝春秋

 結局、処分理由は不明のまま、B氏は出勤停止処分に。それ以降、A氏、B氏の自宅謹慎が続いているという。

 ある学校関係者は、校長の対応に疑問の声を上げる。

「校内では、『A、Bに非はあるものの、1年近い謹慎はいくらなんでも重い』という意見が大半です。法人本部も校長に対し、『早く復職の計画を作るように』と指示しましたが、校長は何ら動くことはなかった。その不可解な対応を問題視し、理事長が校長更迭に踏み切ったのです」

「週刊文春」が平野校長に取材を申し込むと、一度は応じる姿勢を見せたものの、取材当日になり「そんなアポイントメントはありません」(応対した別の職員)とドタキャンした。その後、書面で質問状を送ったが、学校側が期日までに回答することはなかった。1月24日(木)発売の「週刊文春」では、職員会議での様子など校内の混乱も含め、詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年1月31日号)


関連記事

おすすめ情報

文春オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索