2020年(1月〜12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。社会部門の第2位は、こちら!(初公開日 2020年12月18日)。

*  *  *

 女性が食事やデートに付き合う対価として、男性から金銭を受け取る「パパ活」。対面でないと成立しづらく、景気に左右されるこの活動に、新型コロナウイルスの影響が直撃している様子を今年5月、「 アフターコロナのパパ活 #1 」としてレポートした。

 コロナ禍が長期化する中、継続して取材してきたパパ活当事者の男女それぞれに話を聞くと、この半年間でパパ活だけでなく、生き方そのものが変容しつつあった。(全2回の1回目/ #2 に続く)


©iStock.com

◆ ◆ ◆

オファーは5月以降持ち直し、現在は月1〜2回

「デートクラブでお会いした男性のお話では、登録している女性は二つに分かれるそうです。水を得た魚のように精力的に活動を楽しむ方と、悲壮感が漂う方だそうです」

 こう語る優子さん(33)は、その男性から「どうやって出会ったかを忘れてしまうような人ですね」と評されたという。容姿だけでなく所作や言葉遣いも柔和で美しい彼女は、たしかに二つのパターンのどちらにも当てはまらないように見える。

 契約社員として一般事務の仕事をしてきた優子さんは、2年半ほど前から「ダブルワーク」としてパパ活をしてきた。コロナ以前はデートクラブを介して月1〜数回は新規のオファーを受け、多い月だと継続した関係のパパを含め、お手当の総額は30万円ほどになっていた。

 だが、今年2〜4月に会った新規のパパは1人だけ。半年前のパパ側の取材では、仕事を失ってパパ活を始める女性が急増し、お手当の相場が崩れているという話があった。優子さんも男性たちから同様の話を聞いていた。だが優子さんに限って言うと、5月以降に持ち直し、現在は月1〜2回のオファーが舞い込んでいる。女性に厳しい状況下で安定して声がかかるのは、もともとデートクラブで人気が高かった彼女だからだろう。