「イジメのことを今どう思っているのか、婚約内定の後で伝えたんです」小室圭さん“イジメ被害”の同級生が初告白した「消えない記憶」 から続く

《ありがとうと言う前に謝る事があるだろう》も既読スルー

 秋篠宮家の長女・眞子さま(29)との結婚問題の行方が注目される小室圭さん(29)。小室さんは4月8日に公表した文書で母・佳代さんと元婚約者・X氏の、圭さんの学費をめぐる金銭トラブルについて説明したが、この文書には小室さんと母親が当時置かれていた家庭環境についても詳細に記されていた。はたして小室さんはどのような少年時代を過ごしてきたのか――。

 実は、小室さんは小学生時代に同級生・Aさんに対して陰険なイジメを行っていたことがわかった。Aさんはそのときのイジメがトラウマとなって今でも頭を離れないという。

 2019年5月、「週刊文春デジタル」取材班はAさんにインタビューを行った。( #1 、 #2 から続く)


婚約内定記者会見での眞子さまと小室圭さん(2017年9月)©JMPA

 Aさんがマスコミの取材に応じるのは初めてだった。Aさんは小室さんから受けたイジメの実情、知られざる小室さんの人柄から、同窓会で再会した際の逸話、婚約発表直後にやり取りした際のメッセージの内容まで、ありのままを告白してくれた。小室さんへの恨みや辛み、未だに拭えない苦々しい記憶を、Aさんは心に溜まった澱を一気に吐き出すように、話してくれた。

 2017年の婚約内定時、Aさんのもとにもマスコミから取材依頼が殺到したという。その後、Aさんは小室さんに連絡をとったが、イジメについて謝ることは一切なかった。そのため、Aさんはこう小室さんにメッセージを送った。

《ありがとうと言う前に謝る事があるだろう。あれだけのことをしておいて、忘れたとは言わせないぞ》

 Aさんのメッセージは「既読スルー」されたという。

 皇室の将来を考える上でも、小室さんがどんな人物かを知ることは非常に重要だ。Aさんがイジメを受けたのは小学生時代。20年以上前の過去のことではあるが、そのイジメの内容に小室さんの人間性の一面を見ることができると編集部は考え、Aさんの証言をベースに裏取り取材を行った。当時、小室さん自身にも事実確認を申し込んだが、小室さんの代理人弁護士からは期日内に回答は得られなかった。

 当時のインタビューを公開する。(日付、年齢、肩書き等は掲載時のまま)

◆ ◆ ◆

40人中男子が6人。裕福な家庭の子が多い私立小

――Aさんは圭さんと国立音楽大学附属小学校の同級生だったんですよね。

「そうですね、はい。『音小』といわれていました」

――「音小」はどんな小学校なんですか?

「国立音大の附属の学校なので、クラシック音楽を将来的にやりたいっていう音楽の専門の学校で、もちろん小学校は義務教育なので普通の授業もあるんですけど、プラスアルファで音楽系の授業がすごく多い。普通の学校にはないカリキュラムが授業の中にはあったりとか。クラシックだからという理由なんでしょうけど、男女比がすごく特徴的でした」