カジノを含む統合型リゾート(IR)事業を巡る汚職事件で、収賄罪などに問われた衆院議員、秋元司被告(49)。東京地裁で開かれている公判で、中国企業からの“接待旅行”の実態を明かしたのは、あの“パパ活議員”だった。

 5月6日の証人尋問。検察側の証人として登場したのは、白須賀貴樹衆院議員(46)だ。「週刊文春」は 2月17日配信のスクープ速報 で、白須賀氏が緊急事態宣言下に高級ラウンジに通っていたことを報道。その直後、自民党を離党している。


今年2月、離党届を提出した白須賀議員 ©共同通信社

「白須賀氏はこれまでも、秘書の当て逃げ事故や選挙妨害など不祥事が絶えませんでした。今回のカジノ汚職事件を巡っても、東京地検特捜部から千葉県内の事務所が家宅捜索を受けています」(社会部記者)

 実際、白須賀氏は調べに対し、中国企業から100万円を受け取ったことも認めている。しかし、秋元被告と違ったのは「権限」だ。

「収賄罪は、本人の職務に関して賄賂を受けることで成立します。秋元は当時IR担当の内閣府副大臣でしたが、白須賀議員はIRについての職務権限はないと見なされ、立件は見送られました」(同前)

 起訴内容によれば、秋元被告の賄賂総額は計約760万円。うち約180万円分は、白須賀氏らと17年12月に中国やマカオを旅行した際の遊興費などだ。今回の証人尋問でもこの点について、検察側に問われた白須賀氏。「秋元先生に『世界のリッチな方々の生活を見に行こう』と誘われた」と証言し始めた。