「父親は元妻から逃げるために引っ越してきた」加害父と元妻の“本当の関係”と“壮絶な夫婦喧嘩”《九州3児遺体》 から続く

 2月26日、福岡県飯塚市の職業不詳、田中涼二容疑者(41)が、自宅から南に約230キロ離れた鹿児島県・桜島の麓にある観光ホテルで、実子である蓮翔(れんと)ちゃん(当時3)と姫奈(ひな)ちゃん(当時2)の首を絞めて窒息死させたとされる事件。自宅では病死とみられる養子の大翔(ひろと)くん(当時9)の遺体も発見されている。


田中容疑者 ©共同通信

 田中容疑者は、なぜ実子のみならず元妻の連れ子を養子にし3人の幼子を1人で育てていたのか、なぜ大翔くんは病死してしまったのか、そしてなぜ実子2人を殺害してしまったのだろうか。(全3回の2回目/ #1 、 #2 を読む)

◆◆◆

 近隣住民によると田中容疑者は「入れ墨を彫っていて見た目は怖いけど、話すと気が弱そうな印象。入れ墨は虚勢を張っているだけなんじゃないか」という印象だったようだ。一方、元妻で子供たちの母親である女性については「恰幅がよくて田中容疑者よりも大きい」「ほとんど見かけず、話したことはない。子供と遊んでいるのも見たことがない」という声が聞かれた。

 田中容疑者は元妻と警察が出動するような激しい夫婦喧嘩を日常的に繰り返し、ついには元妻が包丁を持ち出し“刃傷沙汰”に発展したこともあった。警察官とともに仲裁した近隣に住む高齢男性はこう証言する。

離婚後、誰かを恐れていた田中容疑者

「玄関扉の外には大量の血痕が散らばっていて、部屋のなかに入ると足の踏み場もないほどの血の海ができていた。壁も真っ赤だった。駆けつけた警察官が夫妻に『このままだとどっちかがどっちかを殺すことになる。離婚したほうがいい』と諭し、その場にいた大翔くんと蓮翔くんに『お父さんとお母さんが別れたらどっちについていきたい?』と聞いたら、2人は声を揃えて『お父さん』とはっきり答えました」

 この壮絶な夫婦喧嘩の直後、2020年12月に田中容疑者は元妻と離婚。子供たちは希望通り、父親である田中容疑者と暮らすことになった。新しい生活のスタートを切った父子4人だったが、1月頃から田中容疑者は不審な行動をとるようになったという。その行動は「誰か」を恐れているかのようだった。