「摘発ですか? 捕まった人がいたなんて…」梅田の地下街で体を売った女性が明かした“悲劇”と“抜け出せない理由” から続く

 大阪・梅田の地下街の待ち合わせスポットとして知られる「泉の広場」。ここで売春をしていた当時17〜64歳の女性61人が、売春防止法違反で大阪府警に現行犯逮捕されていた。府警は令和元年から2年にかけて約1年がかりで捜査していたという。

 大都会の真ん中で、何が起こっていたのか――。この事件を取材して、文春オンライン上に 「日本色街彷徨 大阪・泉の広場」 として公開したのが、『娼婦たちから見た日本』(角川文庫)などの著作で知られるノンフィクション作家・八木澤高明氏だ。「文春オンラインTV」(4月29日放送)では、八木澤氏にインタビューを敢行し、原稿に書ききれなかった出来事を語ってもらった。


大阪・梅田の地下街にある「泉の広場」 ©八木澤高明

◆ ◆ ◆

17歳から64歳までの女性が逮捕されていた

――この「泉の広場」を取材しようと思ったきっかけは何ですか?

八木澤 今年1月、産経新聞のネット版に「事件化された『客待ち』スポット 摘発された女たち」(2021年1月21日)という記事が出ていたことです。女性61人が現行犯逮捕されたと報じたこの記事を読んだときは、私も関東の人間なので「泉の広場」という名称も知らなかったのですが、調べると梅田から10分ぐらいの場所。そんなところに、立ちんぼが立っているスポットがあることが驚きでした。「どういうところなんだ?」という、自分の興味から取材してみたいと思いました。

――そもそも“立ちんぼ”とは、どんな仕事なのですか?

八木澤 要は路上で春を売っている人たち、ということですよね。例えば、ラブホテル街のようなところに立っていて、通りを歩く男の人を誘うわけではないんですけど、客の人も暗黙の了解で、「このあたりに立っているのであれば、そういう仕事を生業としている人かな」と分かる。東京であれば、新大久保や新宿などが多いでしょうか。かつては錦糸町にもあったんですが、摘発でどんどん減っていきました。

――今回、「泉の広場」では逮捕された女性が61人と多いだけでなく、女性たちが「大阪や京都、兵庫など関西圏のほかに、長崎や香川など遠方からも訪れていた」と先の記事で報じられたことに驚きました。さらに17歳から64歳まで年齢層も幅広かったそうですね。

八木澤 高齢の立ちんぼは、僕が最初に取材していた横浜の黄金町という街でもいましたね。64歳の方がいても、全然おかしくないと思います。

階段を上がって数分のところにはラブホテル街

――実際に取材されて、「泉の広場」はどんな場所でしたか?

八木澤 大阪駅から地下街をずっと歩いて行くと、どん突きみたいなところに「泉の広場」があります。要は地下にある待ち合わせスポットで、地元の人たちに利用されている。その広場から階段を上がって数分のところにはラブホテル街があるので、お客さんを連れ込むのには、好条件だったんでしょうね