「文藝春秋」11月号よりジャーナリスト・友納尚子氏による「眞子さまの最後のご挨拶」を公開します。(全2回の1回目/ 後編 に続く)

◆ ◆ ◆

眞子さまは2カ月振りに外出しての皇室行事へ

 9月23日の秋分の日、歴代の天皇、皇后、皇親の霊を祀る儀式「秋季皇霊祭」「秋季神殿祭」が皇居内の皇霊殿及び神殿で行われた。

 天皇陛下、秋篠宮皇嗣同妃両殿下をはじめ、今年10月に婚約者の小室圭さんとご結婚なさる秋篠宮家の長女、眞子内親王殿下のお姿もあった。皇室から離れる眞子さまにとっては、皇族として外出を伴う最後の行事となる宮中祭祀へのご出席だった。

 眞子さまは、薄いブルーのドレスにベージュの帽子と真珠のネックレスをあしらわれていた。外出しての皇室行事は2カ月振りで、幾分ほっそりされた様子だった。

 さる関係者によれば、儀式を終えられて真っすぐに前を向いて出て来られた姿は、希望に向かって旅立たれるかのように見えたという。ご婚約内定会見からご結婚までの4年間という長い道のり。眞子さまを見守り続けてきた紀子妃の目には、うっすらと涙が浮かんでいた。

 お慎みから新御所におられた雅子皇后は、眞子さま、紀子さまのご様子について報告を受けられ、感極まるご表情をなさったそうだ。

 言葉はなくとも通じ合っていた母娘の絆に、同じ娘を持つ母としての思いが重なったのかもしれない。

アメリカへの引越し準備を始められていた

 ご結婚に関する新たな報道合戦が続いていた9月、眞子さまは、アメリカへの引越し準備を始められていた。荷物には、ご家族で過ごされた思い出のアルバムやご両親からプレゼントされた品などを大切にしまわれたという。

 眞子さまは、ご結婚に対するご両親との意見の対立から母・紀子妃殿下よりも、最近は小室さんの母親の立場に寄り添っているのではないかと思われがちだが、やはり母娘の絆は強い。


10月12日、武蔵陵墓地を参拝された眞子さま ©JMPA

 紀子妃が9月11日のお誕生日の記者の質問への回答文書で、

「長女の結婚については、親として娘の思いや考えを受け止められるよう、対話を重ねております。こうした中、共感できることもあれば、意見が違うこともありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合い、長女の気持ちをできるだけ尊重したいと思っております」

 と述べられたように、これまで対立することはありながらも、ようやくご結婚にたどり着いたことで母娘の絆はむしろ深まったと周囲は見ていた。