秋篠宮さまと眞子さまは“冷戦”を越えて…「権力集団の対立に利用されるのでは」弟宮の存在が警戒された理由 から続く

 秋篠宮家の長女・眞子さまが、小室圭さんと10月26日に結婚されます。「文藝春秋」は秋篠宮家の内実を報じてきました。ノンフィクション作家の保阪正康氏による「秋篠宮と眞子さま『冷戦』を越えて」(「文藝春秋」2019年2月号)を特別に全文公開します。(全3回の2回目/ #3 へ続く)

(※年齢、日付、呼称などは掲載当時のまま)

◆ ◆ ◆

秋篠宮家の初めての挫折

 皇嗣という立場に立つ前に、秋篠宮のさし迫った課題は眞子さまの問題であるとの見方は、一概に否定できない。ただこの問題について、私は一般社会の常識、あるいは社会的に成熟した目で見るべきだろう。

 秋篠宮家の長女の眞子内親王と婚約者とされる小室圭氏の結婚について、本来ならば慶事であるはずであった。ところが昨年11月に53歳をむかえた誕生日会見で、秋篠宮は、週刊誌などで報道されている小室家の借金問題について、「婚約前ですので、人の家のことについて私が何か言うのははばかられますけれども、それ相応の対応というのは大事」と発言された。その上で「多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況」にならなければ、「婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません」と踏み込んで意見を述べられた。


10月12日、武蔵陵墓地を参拝された眞子さま ©JMPA

 もとを辿れば、眞子さまと小室圭氏の婚約予定について山本信一郎宮内庁長官が記者団に明かしたのは、一昨年の5月のことだ。しかし、婚約内定会見から3カ月後、小室氏の母親が知人男性から400万円以上を提供されながら、それを返済していないとある週刊誌が報じた。

 これを受けて納采の儀は延期となり、結婚関連の諸行事は2年後に延期されることが決まった。ところが小室家から一切の説明がないまま現在に至っているようで、小室氏は昨夏から3年間の予定でニューヨークのフォーダム大学に留学している。この問題は、眞子さま、佳子さま、そして悠仁さまの順調な成長を見守ってきた秋篠宮家にとって、初めての挫折と言っていいのかもしれない。